Home > スタッフブログ一覧 > KARATANI > Archives > 2013-01

2013-01

引退

  • 2013-01-13 (日)

去年の12月4日、大物FWの引退会見がありました。

自分はジュビロ時代に、一緒にプレイさせていただきいろいろなことを学ばせていただいた選手でした。

(誰のことお分かりですよね?)

テレビ等では非常にひょうきんな面が印象的ですが、チームメイトだったときは非常に寡黙な方で、治療しながら、漫画雑誌を黙々と読んでいる姿が今でも記憶に残っています。

ただ、練習となると、自分にも他人にも非常に厳しい方で常に上を上を意識していました。

一緒に練習しての印象は、決して上手というわけではありませんでしたし、上手な選手なら他にたくさんいたと思います。ただ、他の選手と圧倒的に違っていたのは、練習中は100%出し切ることを常に意識しているところ。いや、もう100%でプレイすることが当たり前になっていたところ。

また、人一倍点を取る為のこと、動き方等を追求していたところ。

完全な、努力型の人でした。

結果、直接、どうこうと話をしたことはありませんでしたが、背中、振る舞いを見ていただけでいろいろなことを学ぶことが出来ました。

また、今でも思い出すことは、試合前日のジュビロスタジアムでの練習。練習後必ずシュート練習を行う時、GKに指名してもらっていたこと。

シュートストップの能力を評価していただき、自分からシュートを決めることにより、自信を持って試合に挑めるからとのことから始まり、自分からシュートを沢山決めたときは、次の日の試合必ずゴールが出来ることが縁起かしたことからのことでした。

結果、このシュート練習の相手をしだしてから、勝ちが増えだしチームが日本一になったときは、少しだが、チームに貢献できた気になれましたし、この選手からも、「ありがとう」との言葉をかけてもらいました。この言葉は、いまでも自分の宝となる記憶になっています。

結局、翌年自分がチームを去った為、一年だけの関わりとなってしまいましたが、いい出会いが出来たと今でも思っています。

自分は、このような出会いをサッカーを通じて沢山出来ており、幸せ物だと感じております。

最後に、23年間の選手生活Nさんお疲れ様でした。今後の活躍も楽しみにさせていただきます。

meta

Return to page top