Home > スタッフブログ一覧 > KARATANI > Archives > 2012-05

2012-05

日本ユースリーグ

  • 2012-05-27 (日)

5月26日、日本ユースリーグ敗退。

結果は、掛川JFC相手に0−3。経過としては勝ちか引き分けで決勝トーナメント進出という条件の中、後半10分過ぎに失点。ラスト7分点を取る為に攻めに枚数をかけたところで、相手カウンターをくらい2失点してしまったという状況であった。

今回自分が指揮するにあたり心掛けたことは選手自身の能力、ストロングポイントを生かしながら、相手のキーポイントを潰すということ。ある意味、原点。選手達は、指示に対して忠実に遂行してくれたし、自分達で状況に応じて判断しながら対応することが出来るようにもなってきたと感じることが多々あり成長を感じた。

それでも、やはり限界はある。2次リーグの相手は今まで3部で試合をしてきた相手とはやはりステージが違った。個人では抑えきれないところ、チーム力で上回られている場合の抑えどころや、試合の進め方は正直、もっと経験していればもう少し違った形になっていたのかな感じる。

今後、2部、1部とリーグを上げていき、大会でこのようなチームと真剣勝負を繰り返していくことが大切と感じた。

今大会を通じて、3年生は試合に勝つ楽しみ、勝ち上がる喜び、それ以上に敗退時の悔しさを感じることが出来たことであろう。最後の大会、今継続中の県リーグに結果を出すことに集中し、是非喜びを分かちあいたいと感じる。

それには、もっと練習等、日常からこだわりを持ち、真剣に取り組むことが不可欠である。もう一度、自分の行動、取り組みを見直し残り数ヶ月本気で取り組んでもらいたい。とにかく、最後を振り返ったとき納得いくもの、今後に繋げられるものにしていってもらいたい。

最後に、今大会2年生、1年生、ジュニアの方からもたくさんの選手、父兄さんが会場へ足を運んでいただきありがとうございました。

meta

Return to page top